Skip to content

これはPS2用ゲーム「ペルソナ3」を映画化したものです。アニメ作品で90分ぐらいだったかな。全4部作予定で第2部まで公開されているんですけど、そのシリーズの一番初めの作品が私は好きです。
どこが良いかといえばまず原作のゲームに忠実な所が好きです。元々オリジナルのゲームが大好きだったこともあって、正直映画を見るまでは不安があったんです。変な改変されていたらどうしようって。でもこれは全然そんなことがなくてゲームでプレイした話の流れがそのまんまなんですね。それでもってゲーム内では描かれていなかったシーンの間の一コマとかも作品の雰囲気を壊すことなく組み込まれていて映画のスタッフさんからも愛されているんだなあって感じました。
あとは元のゲームは主人公に感情移入される狙いもあって全く喋らない(喋る台詞は選択肢のみ)っていう無口っぷりなんですが、それをどう映画で表現するんだろうなって楽しみもあって。実際見てみると、主人公君(結城理君っていいます)が喋ってるんだけど、無口というか冷静を通り越して天然?無知?というキャラ付けがなされていて、「そうきたか!」と感心してしまいました。
見に行ったときに、元々のゲームを知らない彼氏にもついてきてもらったのですが、彼もすごく楽しんでくれたみたいで「絵が綺麗だった」としきりに言っていました。キャストもアニメ好きな方なら一度は耳にしたことのある有名な方々なので、内容を知らない人でも楽しめると思います。

2015年10月4日 / omosiroeiga